〒286-0027千葉県成田市仲町385
ご予約・お問い合わせ
TEL.0476-22-0236
菊屋外観・うなぎ
菊屋の百年

菊屋の『名』


【菊屋】の屋号は、新勝寺より拝領いたしました菊の御紋に由来しております。成田山新勝寺は天慶の乱(西暦940年頃)の折に勅命により建立されて以来、寺紋に宮家の菊の御紋の使用を許されているお寺です。当家は代々、その新勝寺の門前にて飲食業(古くは煮売屋と呼ばれていました)を営んでおりましたが、江戸時代中頃に至り、お寺よりご縁をいただいて、その御紋を拝領する運びとなったと伝わっております。
天保年間に残された文書に、成田山門前の煮売屋【菊屋】として名が記されておりますので、当時より屋号を【菊屋】と定め、現在まで歩んできたことになります。

無論、菊屋と名乗る以前から当代にいたるまで歴史を継いでこられましたのは、ひとえに時代時代のお客さまのご愛顧をいただけてのことです。
菊屋の味を信じて足を運んでくださる、そのあたたかなご恩を美味しく、安全にお返しし続けてゆくことが、菊屋の責任であり、それは食に携わるものとしての希望でもあります。
今よりまた、未来のお客さまにもこの信頼を継いでいただけるよう、従業員一同、研鑽して参ります。

菊屋の歴史 菊屋の歴史
菊屋の歴史 菊屋の歴史 菊屋の歴史 菊屋の歴史 菊屋の歴史 菊屋の歴史 菊屋の歴史 菊屋の歴史

菊屋の『食』


菊屋では代々、国産うなぎのみをお召し上がりいただいております。本来、深青の薄い皮と柔らかく締まった身を持つ日本うなぎを前提に生み出された料理、その、ぱりっと、ふわっと、ぎゅっと、食感と旨味が広がる味わいは分厚い外国産うなぎでは再現できない、という点から国産うなぎに限って使用してきました。

さらに昨今、食の安全意識も高まるなか、皆さまにより安心して味わっていただけますように、養鰻場の方々のご尽力のもと、利根川産の稚魚を日本国内の安全な餌と清浄な水で育てた、【産地証明書】付きの国産うなぎを日々仕入れております。この産地証明書は毎日店頭に掲示いたしますので、皆さまにもご確認いただけます。

きちんとした管理のもとで健康に育った国産うなぎは、身に張りがあり臭みも少なく、抜群の旨味を感じていただけます。肝も苦みのある部位を細かく除いておりますので、安心してお召し上がりください。じっくり煮詰め仕上げたツヤのあるタレも、コクがあってすっきりとした甘みで、うなぎの風味を引き出します。どうぞ心置きなく伝統的なうなぎの美味しさをお楽しみください。

また他の食材につきましても、日本料理店の名に恥じぬよう、厳選したものをお召し上がりいただいております。地元契約農家のコシヒカリから、毎日仕入れる旬の野菜と新鮮な魚介、合わせる漬け物やお酒にいたるまで、選べる部分すべてについて大切に選んでおります。ぜひそちらも合わせてお楽しみください。

菊屋の歴史 菊屋の歴史 菊屋の歴史